住宅ローン見積もりナビ

青汁

元金均等返済の総返済額

住宅ローンの返済方法としては、元金均等返済とも元利金均等返済があるんですよね。
元金均等返済は、当初の返済額は多いものの、元金が早めに減少していくので、払う利息の負担も減少し、返済が進むにつれ返済額が減っていきますが、元利均等返済だと、返済額が一定で月々の負担は軽いけれど、利息がその分多くなっちゃいます。
ということは、元金均等返済の総返済額の方が、元利均等返済よりも少なくなるってことですよね。

そう考えると、最初の負担は大きくても、やっぱ元金均等返済を選んだ方が、後々損はしないんだろうなあ。
考えてみると、住宅ローンの支払いってほとんどが金利なんですよね。
長期に渡って支払えば支払うほど、金利は莫大なものになるから、負担がずっと続くって感じなんでしょう。
うちは35年ローンでマンションを買いましたが、その時はよく分からなくて、少しでも負担の軽い方をと思い、元利金均等返済にしてしまったし・・。
最初にもっと色々なことを勉強しておけばよかったなあ・・。

何でも最初によく熟考することが大事ですよね。
特に住宅のように高い買物をする場合には、判断を間違わないようにしないと、長期にわたりローン地獄に陥っちゃいますよね。

青汁
Copyright 2011 住宅ローン見積もりナビ【水増しで多めに借りれるのか?】, Inc.